相手主体のトーク〜ナンパにおける音声添削の大事さ〜

 

どうも、最近ようやくナンパで10人斬りを達成しました、

まっきーです。なんと道のりが長ったか…

 

(なんかチャチャ入れが…w)

 

昨年秋からは無駄にクラブにハマり、

今年に入ってからは基本的に一人でやっていました。

今年の1〜3月は週5〜6で街へ出るくらいw

 

結構頑固者なので

「ナンパでコンサル受けるとかいいわ」

「一人でやってこそ本物の実力がつくのだ!」

と意地を張っていました(さすが童貞歴27年w)

 

結局1ヶ月半ほど即がなくなっていました。

 

「あれ、即ってどうやってやるんだっけ?www」

くらいのレベルに落ちていました。

 

 

「春になって、女の子の反応よくなったのに全然だめや…」

そんな詰まっている時期に、

ツイッター見ると周りが即報あげていて焦りましたねw

なんならツイッター開きたくなかったですw

 

 

で、どうしたかというと音声添削をやってもらったんですよね。

(上手い人に自分のナンパした音声を聞いてもらうこと)

 

他にも意識高いナンパ仲間でLINEグループ作って、

音声添削をお互いやっていました。

 

すると・・・

 

 

出るわ出るわ、トークミスのご指摘がw

トークミスのミルフィーユでしたね。

 

もちろん自分でも音声で振り返っていましたが、

正直自分だけでは気づきにくかったです。

 

薄々は気づいていましたが、それを客観的にナンパ用語を使って

文字にしてくれるのがすごくわかりやすかったです。

 

※いざ音声添削で意見を言われるとめっちゃしんどいです。

いき詰まった時や、本気で結果を出したい時に頼まないと

その人のことが嫌いになる可能性がありますのでご注意をw

 

また自分の会話の癖を変えるのはしんどいし勇気要るし、

自己否定気味になって、しんどかった時もありました。

 

野球で例えるならバッティングフォームを変える感じですかね?

変えてすぐ結果なんて出ないですよね、多分。

 

ましてや会話の癖なんてその人が喋れるようになってからの期間。

長年染み付いた習慣は中々変えれないですよね。

 

そんな訳で、今回はまっきーが変えた点を自分の備忘録のためと

ちょっとでも参考になる人がいればと思って話します。

 

音声添削で言われて気づいて自分で変えようと取り組んだことです。

やってくれた方ありがとうございます!

 

 

【自分のことを自分から話さない】

 

修正点を一言でいうとこれだけです。

 

以前は割と自分のことを進んで話していました。

なぜならまっきーは一応独立していて、

人生経験豊富な方と自分で思っていました。

ナルシストですねw

 

相手からの質問があったらいいけど、

やはり人間自分に一番興味があるもの。

 

まあはっきりいって、非モテ発想だと

女性に自分のことを知ってもらおうと

自分のことをペラペラと話す男は多いんじゃないでしょうか?

 

私もそういう癖があったので、

自分のことは相手から質問があった時にしか

原則答えないことにしました。

 

音声添削の結果からもっとも意識したことです。

 

そもそも自分のことを自分から言うのって、

言い方にもよりますが痛いですよね。

 

例えば、飲み会で自分の話を一方的にする

上司とか同僚って聞いていて飽きますよねw

 

この「自分のことを自分から話さない」っていうのは、

一方的に黙るって意味じゃなくて、相手の話したいことを上手に

聞いてあげたり、質問したり、リアクションすることを意識しました。

 

有名人で例えると明石家さんまさんをイメージしました。

 

また最近、自分のプロフィールを再度書き直していて思いました。

「そういえばおれ初即の時、緊張して相手の話しか聞いてなかったわ…」

 

みなさん初心は大事ですよw

 

ナンパをできることに慣れると、セックスまで焦って相手のことを

思う気持ちがなくなっていたなあと思いました。

 

よくナンパテクニック記事で「自分が楽しむことが大事!」的な

ことを言っているのをよく見かけますが、全く無視しましたw

 

それを言ってる人をバカにはしてません。

緊張したりして、そのマインドが必要な人は全然いると思います。

 

私の場合は、それを意識すると独りよがりの話になる気がしたので

相手に楽しんでもらうことを最優先」したのです。

 

TAV風に言うと「会話の中でフック(相手の話したいこと)を探す」です。

別にTAVを死ぬほど聞いてるって感じではないですが、

今さら意味がやっとわかりましたw

 

また特別TAV(毎月新しい音声が配信されてくる月額制の教材)

も一部参考にしました。

 

ナンパを始めた頃にTAVを聞いて

「こんなオラオラのトーク、ぼくにはむりっすw」と思いました。

 

しかし特別TAVでは全然別の人が話している感じでしたね。

なんなら、「岡田さんも明石家さんま的なトークになっているなあ」

と個人的には思いました(岡田さんファンの方ごめんなさいw)

 

全体の会話の流れはもちろん、

岡田さんの遠回しに独立している話や、

「おれは社会から脱落組」という自虐風の話を真似しました。

 

 

例えば、今は女子からの質問で「(仕事は)なにしてるの?」

と言われた時、さらっと「細々となんとか自営業やってます」

みたいな答えをして、すぐ相手に何か質問を投げかけてます。

(「ニートとか」「仕事何しよっかな〜」でも◯)

 

 

ちなみに「はあ?自己開示こそ有効っしょ!」

という方がいるかもしれませんが、私の考えでは

「自己開示で落とせる女のレベルはたかが知れてる」

(上京したばかりの大学1年生とか)

というのが現在の最適解の気がしてます。

自己開示推奨派の方すいません。

 

まあこんなことを言っても、私も美人を店へ連れ出したら

緊張してうっかり自分のことを喋り出す「その辺の男」

に成り下がる可能性も今のところ全然ありますw

 

そういった相手に緊張しないように、そこで経験が活きてくるはず。

(量でカバーするところ)

 

さて、今日も街に出ますか!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*