ナンパのためにお金を稼ぐことを決意〜渋谷在住ナンパ師のライフスタイルを公開〜

 

W杯のおかげで生活リズムが崩壊

しています、まっきーです。

 

 

現在の生活を羨ましがられることが

たまにありますので、渋谷の家へ引っ越すまでの

プロセスを公開してみようかなと思います。

 

【現在の仕事と収入】

 

現在はだいたい月8日くらい働いて、2桁の家賃

とナンパの活動費を払えるくらいの収入はあります。

 

少し前ですがその時の記事がこちら

退職してナンパをするまでの道のり(YASUさんとの対談)

 

 

ちなみに専業で「せどり」をしてます。

商品を仕入れに7〜8日くらい出かけて、

代行業者に梱包・発送を任せている感じですね。

 

※だから家に商品山積みではないです。

 

せどりも労働時間がかかりますが、効率化が進めば

普通のバイトや正社員より楽だと思います。

もちろん、ビジネスなのでそれまでが大変ですが。

 

 

【もともとはバイト生活。が楽しかった】

 

人生行き詰まり会社員を辞め、うっかり東京へ

流れ着きw、まずはバイトから始めてました。

 

2年前くらいの話ですね。

 

自炊必須で、料理が上手くなりました。

ガチな手作り弁当とかも作ってました。

お菓子も作れますw

 

ナンパした女子で料理作る自慢して来られますが、

たいていは「(俺の方がうまいわw)」と思います。

 

当時は東京の憧れと、放浪の旅で働く欲が戻りw

週5〜6でバイトしていることが楽しかったです。

 

今とどっちが楽しいかと言われても悩むくらいです。

会社員辞めて、つまらない時期はなかったですね。

悩みといえば童貞であることくらいでしたw

 

暗黒の会社員時代などの記事はこちら→

まっきーとは

 

【デート代のため独立する】

 

1年半前くらいの話です。当時は、

民泊を運営していましたがあまり稼げず、

知り合いからせどりを教えてもらしました。

 

「このまま素人童貞で30歳になったら死ぬ」

 

東京に慣れた頃、真面目にそんなことを考え、

せめて月50万は稼ごうと必死でした。

(家賃補助とかないし、税金等の支払いがあるため)

 

「可愛いことデートしたい」

「ナンパしたい」

 

そんなことを考えながら週7で働いてました。

当時は正月とかも実家に帰ってません。

 

夢中だったのでしんどくはなかったです。

 

むしろ月収がどんどん増えていく過程は

楽しかったです。自信にもなりました。

 

 

決意して半年後、無事最低限の目標を達成し、

ナンパ師の飲み会へ向かうのでした。

飲み会はほぼ1年前。懐かしい。

 

 

ナンパに時間を取られ収入が落ちた時も

全然ありましたがw

 

当時はそれでも週5くらいで働いて

あまり時間がなかったですね。

 

【渋谷へ引っ越しが決まりやる気に】

 

ナンパを極めたいから、渋谷へ引っ越そうと決め、

ひょんなことから渋谷の家が決まりました。

 

しかし家賃の予算を大幅にオーバーし、

「もやし生活が確定だわ」

「てか俺ナンパ活動できるのか?」

と思いました。

 

ちなみに引っ越しの記事はこちら→

ナンパのために渋谷へ引っ越しましたw

 

しかし、この危機感が人を成長させ、

仕事を効率化でき上記の労働くらいで

済むようになりました。

 

(今の部屋の前住人の方には遠く及びませんがw)

 

 

芸能人が「少し背伸びした家賃の家に住む」

という攻めのスタイルを取る感じですね。

 

まっきーのTwitterアイコンに採用している

武井壮さんもそういう考えのようです。

 

そんな感じで私もナンパをより多く

できる環境を整えて行きました。

 

ナンパしてる仲間たちを見ていると

メンタルが鍛えられ独立している人が多く、

ナンパが先か独立が先かは

「まあどっちでもいいと思いますw」

 

「金なくてもナンパはできたな〜」

ナンパをできるようになった時

思いましたが、それは後付けな考え。

 

ナンパのために必死で稼ごうとした

時代を経て今があると感じます。

 

 

なんだか自慢っぽくなってるかな?

 

誰かしらの参考になれば

と思い書きました。

 

今回は以上です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*